ヒト由来の腸内細菌 コッカスAD株

腸内細菌工場

人間と腸内細菌は助け合って生きています

人間と腸内細菌は、お互いに助け合って生きています。人間は腸内細菌にすむところを提供しています。その上に食べものまでも提供してます。腸内細菌は人間が食べた食物を、エネルギーとして消費し、加工します。その結果、腸内細菌はさまざまな産出物をつくり出しています。これは、人間にとって健康という恩恵を与えることになります。

腸の中にある「腸内細菌工場」

私たちの社会には、工場と呼ばれるものがあります。原料を仕入れ、加工し、私たちに役立つ製品を生みだしています。腸の中にある「腸内細菌工場」は約300種類の部署があり、従業員約100兆個の巨大工場で、私たちにとって重要な「健康」という製品を製造しています。

一般の工場で良い製品をつくるには、従業員の教育を行ったり、製造設備や製品検査設備を充実したりなど、さまざまなことが行わ れています。腸内細菌工場でも同じことがいえます。腸内細菌工場 のオーナーである私たちが、腸内細菌工場に豊かでバランスの良い食べものを投資することが必要です。その投資の結果、腸内細菌工場の従業員を増やし、元気にして、さらに約300種類もの部署をバランス良く、活性化させることが、品質の良い「健康」という製品をつくり出すことになります。

pagetop