ヒト由来の腸内細菌 コッカスAD株

腸内細菌とは

まず菌の話

細菌ってなんだろう

地球上にいる「生物」=ヒトも動物も微生物も、総じて「細胞」からできています。
生物の細胞には、核をもたない「原核細胞」と、核をもつ「真核細胞」があり、「細菌」は「核」を持たない「原核生物」です。
「細菌」は、「細胞」を1つしか持たないため「単細胞生物」とも呼ばれています。

「細菌」は、糖や水などの栄養源さえあれば、自身の細胞を複製し、自力で増殖することができます。
「細菌」には、乳酸菌や納豆菌のように良い働きをする菌もあれば、大腸菌や結核菌など害を及ぼす菌もあります。

ウイルスと細菌はどうちがうの?

「ウイルス」は「細胞」を持ちません。
「ウイルス」はたとえ栄養源があっても「生きた細胞」がないと、単独で生存することはできません。
従って、「ウイルス」は厳密には「生物」といいきれず、「生物と無生物の間」と定義されています。

「ウイルス」は生きた細胞の中に入り込み、それをコピーすることにより増殖します。
自ら増殖する「細菌」とは全くの別物で、その構造や大きさも全く異なります。

「細菌」はヒトの細胞の10分の1程度の大きさで、光学顕微鏡で見ることができますが、「ウイルス」は「細菌」よりもさらに小さく、ヒトの細胞の100~1000分の1程度の大きさですので電子顕微鏡でないと、見ることはできません。

コレラや結核、百日咳などは・・・「細菌」が起因
インフルエンザや、はしかや風疹、おたふく風邪などは・・・「ウイルス」が起因しています。

乳酸菌とビフィズス菌は同じもの?

「2つの菌は同じもの」「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」と思っている方も少なくありませんが「乳酸菌」と「ビフィズス菌」は「細菌」の種類が異なり、棲んでいるところも違います。

乳酸菌

「乳酸菌」は、糖を分解して乳酸をつくり出す細菌の総称です。
乳酸菌は、漬物や味噌、しょう油、チーズ、ヨーグルトなどの身近な食品から、乳酸菌製剤などの医薬品にまで使われ、さまざまなところで利用されています。
広く自然界に存在します。

ビフィズス菌

「ビフィズス菌」は、乳酸のほか酢酸を生成します。
「ビフィズス菌」は、酸素があると生きられないため、酸素の届かない大腸後方の腸内フローラの中に棲んでいます。

腸内細菌とは

腸内細菌とは

腸内細菌は、ヒトや動物の消化管に棲でいるとても小さな微生物です。
その役割は、栄養の吸収、免疫の制御、病原菌への感染防止をはじめ昨今は、精神の安定などにも寄与することがわかってきています。

ヒトの腸内には、数100種類・100兆個以上の細菌が生息しています。
腸管にびっしりと叢(そう_くさむら)を成して群生し、まるでお花畑(フローラ)のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。
腸管は、広げるとテニスコート1面にも及ぶ広さになるといわれています。
そこに生息する菌の数は、人間のからだを構成する細胞数 約60兆個よりも多く、総重量は1kgとも2kgともいわれ、脳や肝臓に匹敵する重さです。

腸内細菌の大きさは、0.3~5ミクロンほどです。
0.025~0.25ミクロンのウイルスに次ぐ、とても小さな生き物です。

腸内細菌は消化液に耐えることができ、自然環境中に存在する細菌とは異なります。
一般の環境に生きる細菌は、私たちの消化管に入ってきても消化液で死滅し、あるいは、体外へと排泄されてしまい、定着しません。

腸内細菌のすみか

私たちが食べる食物は、口から入って、胃、十二指腸、小腸、大腸と通って肛門から排泄されます。それは、長さおおよそ10メートルほどの一本の管で、消化管と呼ばれています。この消化管を広げると、テニスコートー面分にもなります。
腸内細菌は、人間が食べものを消化・ 吸収する消化管の壁に、びっ しりと覆うように定着しています。腸内細菌は人間が食べた食物や消化器から分泌されるものを栄養にして生育・増殖し、そしていろいろな種類の物質をつくり出しています。そして、腸内細菌がつくり出すものは、私たちの消化管壁を通して体内に吸収され、私たちの健康に多大なる影響を与えています。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌

腸の中にはたくさんの「菌」が生息しています。
一般的に、大きく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分類されます。

善玉菌

乳酸や酢酸をつくり、悪玉菌の増殖を抑制し、腸内環境を整えます。
消化吸収を助けたり、病気への抵抗力を高めるなど、身体に良い影響を及ぼします。

*乳酸菌、ビフィズス菌、フェカリス菌、ロイテリー菌、アシドフィルス菌など

悪玉菌

たんぱく質を腐敗させ、腸内をアルカリ性化させます。
アンモニアや硫化水素などの腐敗物質や、発がん性のある毒性物質をつくります。
下痢や便秘、炎症を引き起こすなど、身体に害を及ぼします。

*大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌など

日和見菌

善玉菌が優勢なときはおとなしく、とくによい働きもしなければ、悪い働きもしない無害な菌ですが抵抗力が弱まるなどして悪玉菌が優勢になると、悪玉になびき有害な働きをします。

*バクテロイデス、ユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌など

理想のバランス

悪玉菌には悪いイメージがありますが、肉類などのタンパク質を分解し便として処理排泄するといった大切な役割も担っています。
また、善玉菌の中には怠け者の菌もいるため、悪玉菌の存在は、そうした菌の活性化にも役立ちます。
腸内フローラの理想的なバランスは、善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%と言われています。
善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増えます。
善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、日和見菌を善玉菌の味方につけることが大切です。

pagetop