バイオコスメティックス研究所

 化粧品は人類の歴史とともに存在し発展し、人間社会にたゆまざる美と健康と癒しを与えて来ました。 現在、化粧品は多種多様な商品が市場に出回り、化粧品が社会的に果たす役割、意義はますます大きくなって来ています。


したがって今までのようなムードだけの商品でなく、明解な機能と効用を主張した商品のみが選ばれる時代が来たと言えます。 このようなことから、化粧品の商品開発はもとより研究開発も大変高度な応用技術と開発力が求められています。


 当研究所においても最先端のバイオ技術をベースに化学、薬学を駆使した研究と商品開発を行っています。 特に皮膚常在菌(善玉菌)の活動を充分に考慮し開発された自然派ナチュラル化粧品・医薬部外品は、他の追従を許しません。 それらには、顔用基礎化粧品類を初めメイクアップ製品、ボディケア製品、ヘアケア製品、エステ用製品、マスク製品、サンケア製品 (UVカット、ファンデーション類)、石鹸類、ベビーケア製品等があり、その他今までの化粧品類のジャンルにはなかった化粧品類も手がけています。



 商品開発以外にも大変重要で力を入れている事としては、原料や商品の基礎研究、応用開発研究や抗菌力試験をはじめとする各種の性能試験や安全性試験です。 「皮膚常在菌を活用した皮膚に有用な培養物の研究」等もその一つです。 抗菌力試験としては、原料、製品についての一般細菌試験をはじめ各種微生物試験、チャレンジ試験などがあります。

 このように当研究所は化粧品・医薬部外品に関するあらゆる研究と開発をおこなっています。