メディカルテクノ研究所

tectec_01

 21世紀の初頭、少子・高齢化社会を迎え、医療経済が不透明な社会環境のなか、ストレス・生活習慣病・癌など、克服すべき問題がクローズアップされております。 少しでも多くの人々が、毎日有意義な人生を享受できるよう、病気にならない、あるいは、病気を進行させないためのひとりひとりによる手軽な生活防衛技術(ツール)、あるいはシステムの開発支援が総合的プロジェクトとして急がれております。 定期健康診断を補完する、自己健康指標情報の在宅自己モニターシステムの根幹をなす、自己負担の少ない無痛採血システムと血液情報チップの開発です。


 生活の質(QOL)だけでなく将来への安心という社会医療経済環境の向上に向けてその完成が期待されております。 最新の臨床検査学、ミクロ光学、エレクトロニクス、IT技術を駆使し、内外の学際的協力体制を充実し、より大きな社会的貢献を目指しております。


 超音波・レーザー血流計、心電計、低周波治療器、イオントフォレーシス、パルス連動エアマッサージ器、運動機能回復リハビリ機器、IT技術開発など挑戦の伝統の流れを継承し、ポストゲノム時代の健康、医学に役立つ研究開発を展開しています。

tectec_02 tectec_03