沿 革

1973年 当社創業者開設の、アドバンス開発研究所を株式会社化し、(株)アドバンスとして設立。
(株)アドバンスは、世界的に類のない創造的なアイデアをもって研究開発し、その創造的成果を社会ないし世界に次々と提供し、社会貢献、人類貢献をしていきます。
1975年 最初の商品超小型コードレス低周波治療器「サイラックス」が1,000万台を超えるヒット商品となる。
エレクトロニクス技術、ME技術、機械技術、材料技術を中心にした研究の発展に伴い、研究センター(後のメディカルテクノ研究所)を設置。
1981年 腸内細菌の存在意義追求と人類貢献を目指して、医科学研究所(後の常在菌叢研究所)を設置。
1983年 バイオマテリアル研究のため、アパタイト科学研究所(後の新素材科学研究所)を設置。
1984年 腸内細菌関連食品「コッカス」の販売を開始。
1986年 ドラッグデリバリーシステムの研究発展に伴い、DDS R&Dセンター(後のバイオコスメティックス研究所)を設置。
1989年 腸内細菌関連食品生産のため、調布ヶ丘工場を設置。
1993年 歯科領域に新しい創造的な提案をするため、次世代MEシステム開発室(後のクリエイティブ テクノロジー アンド デベロップメント研究所)(CTD研究所)設置。
1994年 再結晶化アパタイト(特許)による人工歯根「AQBインプラント」の製造販売を開始。
皮膚常在細菌関連化粧品「イブフローラ」の販売を開始。
1995年 歯科関連の材料製造のため、所沢工場を設置。
1998年 歯科用CAD/CAMシステム「キャディム105」の販売を開始。
2004年 バイオテクノロジー領域の先端技術研究開発のため、先端科学研究所を設置。
2006年 厚生労働省許可、特定保健用食品「ブルーベリーオリゴ」の販売を開始。
2007年 医療領域における先端的製品を開発するため、先進メディカルデバイス研究所を設置。
2008年 CAD/CAMで作るハイブリッドセラミック歯科材料「かぐやスマートクラウン」の販売を開始。
2009年 抗体医療技術を開発するため、先端抗体工学研究所を設置。
2010年 自社開発の新技術RAntIS法を用いた抗体作製受託サービスを開始
2010年 調布ヶ丘工場を府中に移転し、府中第二工場となる。
2010年 所沢工場が医療機器製造の国際品質管理基準であるISO13485:2003及び国際品質管理基準である ISO9001:2008を取得
2010年 デンタルイメージングマネージャー「ディーマ」の販売を開始。
2015年 世界初パノラマ画像インフォームドコンセント「パノコム」の販売を開始
2017年 腸内フローラAD101株革命ビジネスを開始

back