ヒト由来の腸内細菌 コッカスAD株

乳酸菌とは

私たちの身のまわりにいる菌(乳酸菌)

糖を分解して、乳酸をつくり出す菌がいます。それは乳酸菌と呼ばれ、私たちのなじみ深い菌です。乳酸菌は、漬物や味噌、しょう油、チーズ、ヨーグルトなどの身近な食品から、乳酸菌製剤などの医薬品にまで使われ、さまざまなところで利用されています。

人間にとって大切な腸内細菌(腸内乳酸菌)

乳酸菌は私たちの腸の中にも存在しています。それは、腸内乳酸菌と呼ばれる腸内細菌の仲間です。しかし、この腸内乳酸菌は、一般の環境に存在する乳酸菌とは異なります。一般の乳酸菌は、食物などを通して私たちの消化管に入ってきますが、胃酸や胆汁酸などの消化液によって死滅したり、生き延びたとしても数日から一週間程度で体外に排泄されてしまい定着することはありません。一方の腸内乳酸菌は消化液に強く、健康な人の腸の中には優勢に定着しています。

人間の消化管に生きる腸内乳酸菌は、形態的に球菌(球状の菌)と桿菌(棒状の菌)の2つに分類されています。球菌には、エンテロコッカス属とストレプトコッカス属があり、桿菌には、ビフィドバクテリウム属とラクトバチルス属があります。さらに、それぞれの菌属はいくつかの菌種に分類され、そしてその下に膨大な数の菌株が連なります。 腸内乳酸菌は、株のレベルで研究を行っています。腸内乳酸菌の株の研究によって、人間の各種臓器を活性化したり、免疫力を向上させたり、ビタミンをつくり出す菌株(株)が発見されています。 さまざまな研究により、腸内細菌は私たちの健康にとって、とても重要なことが分かってきました。さらに、今後の研究によっては、いろいろなことが明らかにされることと思われます。

pagetop